このウェブサイトはInternet Explorerバージョン8以上でご覧ください。

翻訳事業部

翻訳事業部

ポルトガル語翻訳

ポルトガル語翻訳はナビックスにお任せください。

下記のポルトガル語翻訳実績の他、経済・経営、金融、環境、農業、法律、医薬などのポルトガル語翻訳、ポルトガル語のWeb制作、ナレーションのポルトガル語翻訳/制作、DTP、CCMSにも対応しています。

ポルトガル語はポルトガルやブラジル、東ティモール、アンゴラなどのアフリカの国々で公用語となっています。

ポルトガルで話されているポルトガル語とブラジルで話されているポルトガル語には違いがありましたが、ポルトガル語圏諸国共同体(CPLP: Comunidade dos Países de Língua Portuguesa)※1により、ポルトガル語の新正書法※2が採択、発行されました。

ポルトガル語の統一に向けてこの「新正書法」を批准した国は新正書法での辞書や教科書の発行、新聞社での採用などで新正書法が定着してきているはずでしたが、互いの違い※3についてはそのまま残したまま新正書法が発行されたこともあって、それぞれの国で対応が少しずつ違っています。結果としてはポルトガルとブラジルでポルトガル語はそれぞれの翻訳が必要です。

ポルトガル語は、欧州のポルトガル共和国※4、南米のブラジル連邦共和国、アフリカのアンゴラ共和国、カーボベルデ共和国、ギニアビサウ共和国、モザンビーク共和国、サントメ・プリンシペ民主共和国、赤道ギニア共和国、東南アジアの東ティモール民主共和国で公用語として使用されています。マカオでも使用されています。

サンプルテキスト

ポルトガル語翻訳実績(最近の例)

TV、カーナビ、DVDプレーヤー、プロジェクターのOSD/GUI、カーナビ音声
血液凝固測定装置、電子血圧計、空調管理システム、エアコン、室外機、TV、3Dメガネ、カーオーディオ、カメラのレンズ、フラッシュ、スピードライト、ゴーグル、ドリル、ハンマー、電動鋸のマニュアル(取説)
デジタルカメラのマニュアル(取説)・用語集・Readme
ブランドブック、ホームシアターカタログ、食品会社ポスター、光通信のパンフ、防災ガイド、WEEE指令 他多数

上記例は、英語/日本語→欧州ポルトガル語への翻訳の他、南米ポルトガル語への翻訳も含みます。
お見積もりは無料です。お気軽にお問い合わせください。

1: 現在CPLPのメンバーは、以下の9か国です。
ポルトガル(Portugal)、ブラジル(Brasil)、アンゴラ(Angola)、カーボベルデ(Cabo Verde)、ギニアビサウ(Guiné-Bissau)、モザンビーク(Moçambique)、サントメ・プリンシペ(São Tomé e Príncipe)、赤道ギニア(Guiné Equatorial)、東ティモール(Timor-Leste)

2: ポルトガル語の新正書法は、1990年、ポルトガルとブラジルの正書法の統一化に向けて「ポルトガル語の正書法協定」(新正書法がポルトガル、ブラジル、アンゴラ、カーボベルデ、ギニアビサウ、モザンビーク、サントメ・プリンシペの代表によって署名されました。
この協定は、ポルトガル語圏諸国共同体(CPLP)で2004年に採択され、ブラジルでは2009年1月、ポルトガルでは2009年5月に発効されました。

3: 新正書法でも、一部の単語についてはポルトガルとブラジルの違いが残ったままになっています。
新正書法発効時、ブラジルでは3年、ポルトガル語では6年の移行期間が設けられました。
ポルトガルの移行期間は2015年5月に終了。2016年1月、カーボベルデ、ブラジルでも移行期間が終了し、3か国で新正書法がスタートしています。
こちらもご覧ください。

4: ポルトガル法第7条/1999年1月29日によって、ミランダ語が公用語のひとつとなりました。ポルトガルの北東部に位置するミランダ・デ・ドウロ地域で話されている言語です。

社内にはポルトガル語の分かる編集コーディネーターがおり、翻訳の精度アップを図りつつ、お客様の急ぎのご質問にも適宜、的確に対応しています。

また、日本在住のポルトガル語翻訳者のみならず、ポルトガルをはじめとする世界各国に在住するポルトガル語翻訳者と日々直接やりとりをし、コストと時間に無駄のない体制を整えつつ、品質管理に努めながら翻訳業務を進めています。

  • 日本語 → ポルトガル語翻訳
  • 英語 → ポルトガル語翻訳
  • ポルトガル語 → 日本語/英語翻訳

上記いずれにも対応しています。
その他の言語からポルトガル語翻訳につきましてもお気軽にお問い合わせください。

Page Top