このウェブサイトはInternet Explorerバージョン8以上でご覧ください。

翻訳事業部

翻訳事業部

アフリカ諸言語翻訳

アフリカ諸言語の翻訳はナビックスにお任せください。

アフリカで使用されている言語は、その歴史的背景から幅広く、公用語や国語、またその数も、国によって様々です。

私たちになじみの深い、英語、フランス語、アラビア語、スペイン語※1、ポルトガル語※2が公用語として使用されているほか、エチオピアの実用言語であるアムハラ語、東アフリカ地域の共通語となっているスワヒリ語、ナイジェリア※3で使用されているハウサ語、イボ語(イグボ語)、ヨルバ語、ソマリアのソマリ語(公用語)※4など、実に様々です。

この他にも、コンゴ語、スワジ語、バンバラ語、リンガラ語、ツワナ語等々…様々な言語が話されています。

※1 アフリカで唯一、スペイン語が公用語の国は赤道ギニア共和国です。
LEY FUNDAMENTAL DE GUINEA ECUATORIAL
赤道ギニア基本法の第4章、第1項に
1. Las lenguas oficiales de la República de Guinea Ecuatorial son el Español, el Francés y las que la Ley determine. Se reconocen las lenguas autóctonas como integrantes de la cultura nacional.
(赤道ギニア共和国の公用語は、スペイン語、フランス語、および法律で定められた言語とする。 原住民の言語は国の文化として認定される。- 参考訳)
さらに、Proyecto de Ley Constitucional 2010により、CPLPへの加盟を目標にポルトガル語が公用語となります。修正後の条文は以下の通りです。
Las Lenguas Oficiales de la República de Guinea Ecuatorial son el español, el francés y el portugués. Se reconocen las lenguas aborígenes como integrantes de la cultura nacional
赤道ギニア共和国は、ポルトガル語圏諸国共同体(CPLP: Comunidade dos Países de Língua Portuguesa)のメンバー国です。

※2 上記の赤道ギニア共和国に加えて、アフリカのアンゴラ共和国、カーボベルデ共和国、ギニアビサウ共和国、モザンビーク共和国、サントメ・プリンシペ民主共和国もポルトガル語が公用語の国で、ポルトガル語圏諸国共同体(CPLP: Comunidade dos Países de Língua Portuguesa)のメンバー国です。

※3 ナイジェリア連邦共和国の公用語は、英語です。
55. The business of the National Assembly shall be conducted in English, and in Hausa, Ibo and Yoruba when adequate arrangements have been made therefor.

※4 ソマリア連邦共和国の第二公用語はアラビア語です。
The official language of the Federal Republic of Somalia is Somali (Maay and Maxaa-tiri), and Arabic is the second language.

弊社では、アフリカ諸言語の翻訳対応言語を徐々に拡大しています。最近でも、イボ語(イグボ語)の英語/日本語への音声翻訳にも実績を残しています。

アフリカ現地とのネットワークを確立することにより、コストと時間に無駄のない体制で翻訳業務を進めています。

  • 英語 → 各アフリカ言語翻訳
  • 各アフリカ言語 → 英語翻訳

上記いずれにも対応しています。
その他の言語からアフリカ言語翻訳につきましてもお気軽にお問合せください。
すぐにご対応可能な言語と、そうでない言語があります。

Page Top