このウェブサイトはInternet Explorerバージョン8以上でご覧ください。

多言語翻訳・多言語ドキュメントソリューション MULTIMEDIA PUBLISHING

翻訳事業部

ヒンディー語翻訳

インドは連邦共和制国家で、連邦公用語がヒンディー語*です。世界で3番目に多いと言われているほど使用者の多い言語です。

インドでは、他にもテルグ語、ベンガル語など、憲法で公認されている州の言語が21**あり、様々な言語が話されていますが、ヒンディー語の使用者数が群を抜いて多いのが現状です。

ヒンディー語は、「ヒンズー語」、「ヒンドゥー語」という言われ方もしますが、ヒンドゥーは宗教名であり、どちらも「~語」としては誤りであり、正しくは「ヒンディー語」となります。

* 憲法 第383条に
भाग 17
राजभाषा
अध्याय 1 संघ की भाषा
343. संघ की राजभाषा – (1) संघ की राजभाषा हिन्दी और लिपि देवनागरी होगी । (...)
PART XVII
OFFICIAL LANGUAGE
CHAPTER I.—LANGUAGE OF THE UNION
343. Official language of the Union.—(1) The official language of the Union shall be Hindi in Devanagari script. (...)
とあります。

英語は、準公用語になっています。
憲法制定当初は準公用語である英語の使用を1965年に止めることになっていましたが、1963年の"THE OFFICIAL LANGUAGES ACT - 公用語法(参考訳)"により、準公用語としての英語の使用が継続されています。

** 憲法 第8附則により、ヒンディー語を含む22言語が公認されています。
Assamese, Bengali, Bodo, Dogri, Gujarati, Hindi, Kannada, Kashmiri, Konkani, Maithili, Malayalam, Manipuri, Marathi, Nepali, Oriya, Punjabi, Sanskrit, Santhali, Sindhi, Tamil, Telugu, Urdu

ナビックスは、ヒンディー語の翻訳や、DTPにも適確に対応でき、最近でも、下記の実績に挙げたような翻訳を手掛けている他、アニメや映画の翻訳経験が豊富な翻訳者、契約書、医学、IT、農業に強い翻訳者、金融・経営、法律、エンジニアリングにも強い現地翻訳会社等、多彩なヒンディー語翻訳スタッフを揃えています。

サンプルテキスト

ヒンディー語翻訳実績(最近の例)

法人企業現地会社名、ブランドブック
楽器、電子血圧計のマニュアル(取説)
デジタルカメラのマニュアル(取説)・用語集・Readme
製品パッケージ、テロップ翻訳

上記例は、英語/日本語→ヒンディー語翻訳です

お見積もりは無料です。お気軽にお問い合わせください。

電話:03-3493-1691 お問い合わせフォーム

弊社では、日本在住のヒンディー語翻訳者のみならず、世界各地に点在するヒンディー語ネイティブの翻訳者とも日々直接やりとりをし、コストと時間に無駄のない体制を整えつつ、品質管理に努めながら翻訳業務を進めています。

  • 日本語 → ヒンディー語翻訳
  • 英語 → ヒンディー語翻訳
  • ヒンディー語 → 日本語/英語翻訳

上記いずれにも対応しています。
その他の言語からヒンディー語翻訳につきましてもお気軽にお問い合わせください。

上記以外の分野や、その他の言語の翻訳につきましてもお気軽にお問い合わせください。

電話:03-3493-1691 お問い合わせフォーム

Page Top