このウェブサイトはInternet Explorerバージョン8以上でご覧ください。

翻訳事業部

翻訳事業部

ミャンマー語翻訳・ビルマ語翻訳

ミャンマー語翻訳・ビルマ語翻訳はナビックスにお任せください。

ナビックスは、技術、法律、医療、科学、工学、マーケティング、官公庁資料、契約書、人材育成教材、取扱説明書、不動産、貿易関連翻訳など、多彩なミャンマー語翻訳スタッフを揃えてご相談をお待ちしております。

ミャンマー語はミャンマー連邦共和国の公用語※1です。ビルマ語※2の方が馴染みのある方も多いのではないでしょうか。

ミャンマー語は、非常に特殊な文字を扱うため、インターネットやWordなどでも正しく表示されずに、文字化けして見えてしまうケース※3が多々あります。 また、ミャンマー語は、日本では教える教育機関も少ないため、専門的に学習するのが難しい言語の一つと言われています。

1: 憲法の第15章、第450条に
၄၅၀။ ဓြန်ဓာစာသည် ရုံးသုံးစာ ဖြစ်သည်။
450. Myanmar language is the official language.
と表記されています。
(上記のミャンマー語は Google フォントの Padauk を使用し、Burglishという Web版の入力ソフトで Characters List をチェックして入力しています。)

2: ミャンマーは以前ビルマという国名でした。1988年軍事政権に変わり、翌年に英語の国名をビルマ(Burma)からミャンマー(Myanmar)に国名を変更しています。国連の加盟国一覧(Member State)でも Myanmar となっています。ビルマ語はミャンマーで多数を占めるビルマ族の話す言語です。外務省のHPでは、ミャンマーで使用している言語は、ミャンマー語と記載されています。

3: ミャンマー語のフォントは、ユニコード化の普及が遅れており、ユニコード以前のフォントもまだ使用されています。Wordなどで文書のやりとりをする場合は、どのフォントを使用しているのかを確認し、入力された文字が確認できるPDFなどでもやり取りした方がいいです。

サンプルテキスト

お見積もりは無料です。お気軽にお問い合わせください。

弊社では、日本在住のミャンマー語翻訳者のみならず、世界各地に点在するミャンマー語ネイティブの翻訳者とも日々直接やりとりをし、コストと時間に無駄のない体制を整えつつ、品質管理に努めながら翻訳業務を進めています。

  • 日本語 → ミャンマー語翻訳
  • 英語 → ミャンマー語翻訳
  • ミャンマー語 → 日本語/英語翻訳

上記いずれにも対応しています。
その他の言語からミャンマー語翻訳につきましてもお気軽にお問い合わせください。

Page Top