このウェブサイトはInternet Explorerバージョン8以上でご覧ください。

翻訳/リライト
ナレーション/音声翻訳/コピーライティング

  • 翻訳事業部
  • 翻訳関連業務内容
  • 取扱言語/分野
現在表示しているページ
ホームの中の 翻訳関連業務内容の中の マニュアル翻訳の中の 翻訳メモリのメリット

翻訳メモリのメリット

翻訳作業の効率化による納期の短縮

翻訳メモリに既に同一の原文・訳文が登録されていれば、繰り返し表現の原文(Repetitionsといいます)に対してはその訳文が自動的に呼び出され、翻訳する必要がありません。

これにより翻訳量を削減でき、各種マニュアルなど、繰り返し表現が多用されるものでは翻訳作業の効率化が図れ、結果として納期の短縮につながります。

用語管理による均一性の向上

用語や訳文の統一を図ることができ、結果的に翻訳の品質向上につながります。

原文・訳文どちらからでも、特定用語の検索が可能で、一度メモリに登録されているものでも、統一化が可能です。

原文レイアウトの維持によるDTP作業の効率化

原文のDTPデータのレイアウト情報を一度タグに変換して維持(InDesignまたはFrameMakerデータを、XMLデータまたはテキストデータに変換)し、原文を翻訳します。

翻訳が終了したら訳文のみを生成し、レイアウト情報に基づき原文と同じレイアウトに自動的に戻し、DTPデータを作成します。

DTPとしての実質的な作業は微調整で済むため、DTPへの負荷も軽減でき、スピード化が図れます。

コストの削減

上記の翻訳作業の効率化と原文レイアウトの維持により、コストの削減が実現化されます。

翻訳時のRepetitionsやマッチ率(メモリに登録されている原文にどの程度合っているか)により請求単価は安くなり、また、原文と同じレイアウト作成をほぼ自動化するため、当然、DTPにかけられた時間の請求金額も安くなります。

Page Top