このウェブサイトはInternet Explorerバージョン8以上でご覧ください。

英語 日本語

HOMEの中のソリューション事業部の中の構造化・システム導入支援

構造化・システム導入支援

ドキュメントを構造化することで、多言語展開を効率よく行なえるなどのメリットがあります。また、非構造のデータでは対応が難しい自動組版なども実現可能となります。

また、ファイルサーバーによるデータ管理では、データが分散してしまい最新の情報の所在が分からなくなることや、気付かないうちにデータを重複して管理してしまうなどなど、作業の効率が悪く、ミスが起きるリスクも高くなります。

ナビックスでは、お客様の業務内容や課題を確認させていただいたうえで、ドキュメントの内容やデータの検証を行い、システム導入のメリット/デメリットなども考慮し、お客様に最適なソリューションをご提案をいたします。

CCM導入支援

CCM(コンポーネント・コンテンツ・マネジメント)とは、コンテンツ管理システムの中で、情報をコンポーネント化して統合的に管理する特長があるものを指します。

取り扱うデータの種類や形式なども考慮し、CCM導入を支援いたします。

>> CCM導入支援

SCHEMA ST4

多言語ドキュメント制作のすべてに対応したCCM(コンポーネント・コンテンツ・マネジメント)システム

既存データを柔軟に活用することにより、最小コストでドキュメント制作作業を完了できるCCM(コンポーネント・コンテンツ・マネジメント)システムです。

膨大で複雑な多言語ドキュメントの作成を最適化します。

>> SCHEMA ST4 詳細

SCHEMA CDS

オンライン/ オフライン環境でのコンテンツ配信のためのITインフラストラクチャーです。
SCHEMA ST4と連携することで、ST4の情報をWebポータルやタブレット、スマートフォンなどに展開できます。 制作運用と情報配信が統合されたソリューションを展開可能です。

>> SCHEMA CDS 詳細

DITA導入支援

DITAは、あらかじめ構造化ルールなどが用意されているため、従来のXMLより導入しやすいです。また、それぞれのファイルがドキュメントの構造から独立しているため、コンテンツの再利用がしやすくなります。

DITAを導入する上では、コンテンツの管理が重要になります。そのため、システムの導入も視野に入れて検討する必要があります。

ナビックスでは、DITA導入による効果やシステムの導入も含め、最適なソリューションをご提案します。

>> DITA導入支援 詳細

TO TOP