このウェブサイトはInternet Explorerバージョン8以上でご覧ください。

英語 日本語

HOMEの中のソリューション事業部の中の構造化支援の中のDITA導入支援

DITA導入支援

DITAの導入をサポート DITAコンサルティングサービス

dita【対応範囲】
様々な形式の既存ドキュメント

【対象のお客様】
 ● 既存データからのDITA移行をご希望のお客様
 ● 新規でのDITA導入を検討中のお客様

概要


お客様の業務内容や課題をお伺いした上で、DITA導入のご提案・支援をいたします。

DITA導入のプロセス

例えば、ナビックスでは以下のような課題解決のお手伝いができます。

  • 共通の情報を分類できていないため、制作会社に余分な発注をしていませんか?
  • 別部署・グループで同じ翻訳を翻訳会社に発注していませんか? など

制作・翻訳コストの改善、生産性向上、品質維持

ナビックスでは、DITA導入支援をパッケージ化しました。
お客様の目的、予算に合わせたサービスをご提供いたします。


ナビックスはDITAコンソーシアムジャパンに加盟し、国内外のパートナー企業および独自のネットワークがあります。イベントなどを通じて皆様に役立つ情報を発信してまいります。

データ検証・診断

お客様の業務を分析し、ドキュメントの内容とデータをナビックスで検証・診断いたします。

データ検証・診断



情報設計

DITAの仕様とこれまでのお客様のドキュメント制作手法を活かして、最適な情報の設計と運用をご提案いたします。

  • 要求仕様支援(CCMの有無を含む)
  • 情報の分類
  • 部品化による再利用の策定
  • 仕向け、媒体、製品別などの差分情報の管理ポリシー
  • 用語統一
  • 内製化向けの設計・運用手法(DITAの運用ガイドライン)の提供 など

前へ  |  次へ

自動組版

今までDTPや独自スキーマなどのXMLに対応した商用の自動組版システム、ソフトウェアは高額でした。 DITAでは「DITA Open Toolkit」がオープンソース(Apacheライセンス)で公開されており、手軽にパブリッシング環境を入手できます。

条件処理(conditional processing)と内容参照(conrefやkeyref)を利用しながらさまざまな媒体に大量かつダイナミックな出力を希望されるお客様には商用のシステムをおすすめいたします。

DITA Open Toolkit

ナビックスでは、マニュアル・ドキュメント用にカスタマイズしたDITA Open Toolkitをご提供いたします。また、お客様の要望に合わせた独自のスタイルシート開発にも対応いたします。

近年、DITA Open Toolkitが広く普及しつつあります。ナビックスでも、 AH Formatter と組みわせることで低コストな自動組版システムを構築しました。

処理フロー

処理フロー

PDF出力

印刷用PDFを作成されるお客様向けに、FOプラグイン*2はアンテナハウスが開発した「PDF5」、XSL組版エンジンには世界中で高い評価を受けている「 AH Formatter 」をおすすめします。

  • DITAからのPDF出力フロー

出力フロー

*2 XSL-FOを生成するためのXSLTスタイルシート群

TO TOP