このウェブサイトはInternet Explorerバージョン8以上でご覧ください。

英語 日本語

HOMEの中のソリューション事業部の中の支援ソフトウェア/ツールの中のTransPublisher

TransPublisher

Illustratorファイルの多言語翻訳、多言語DTP Illustrator多言語翻訳、多言語DTP支援ソフト

WindowsAdobe Illustrator CS3〜CS6対応

【適用分野】
UI/OSD、取扱い説明書、図版、その他の多言語化

TransPublisher の概要

基準言語のIllustratorファイルを利用し、多言語翻訳、多言語DTPの自動組版を実現します。
多言語組版の効率化校正時間の削減を図ります。

TransPublisherを利用した多言語翻訳、多言語DTPの基本フロー

基準言語の Illustrator ファイルのテキストを取得

イラストレータファイルAdobe Illustrator の [.ai] [.eps] ファイル中のテキストデータと組版属性を、テキストフレーム(ポイントテキスト)単位で自動取得できます。

取得したテキストをExcelにエクスポート

トランスパブリッシャーからExcelへ基準言語のテキストを、Excel ファイルにエクスポートできます。

エクスポートされた Excel ファイルで多言語翻訳を手配

2でエクスポートした Excel ファイル(左図)をもとに、多言語に翻訳します(右図は翻訳した結果)。
翻訳されたExcel

多言語DTPの自動組版

トランスパブリッシャーから多言語展開多言語に翻訳されたExcel ファイルをインポートし、基準言語の Illustrator ファイルのテキストを多言語の翻訳に入れ替えます。

  • 多言語DTPの言語毎にテキストのあふれ処理ルールを設定できます。
  • 言語毎、またはテキストフレーム毎に書体やフレームの伸縮を設定できます。
  • 複数ファイルを一括で自動組版できます。

自動組版後に指定したテキストだけを入れ替え可能

自動組版後でも、指定した言語の、指定したテキストだけを入れ替えることができます。
さらに、レイアウトを変更した場合にも、変更後のレイアウトを維持してテキストを入れ替えることができるため、校正チェックの負担を削減できます。

その他の特長

英語環境で動作可能

英語メニューが使え、英語OSでも問題なく動きます。

テキストあふれ部分の見える化

基準言語と同じテキストフレームの領域ではテキストがあふれてしまう部分については、エラーアイコンが表示されます。
多言語DTPの自動組版時に、テキストフレームのサイズ調整方法などを個別に指定できるため、テキストのあふれを防ぐことができます。

言語環境メニュー

Mac版のIllustratorをお使いのお客さまへ

TransPublisherはWindows版で動作します。Mac版のIllustratorで多言語翻訳、多言語DTPをお考えのお客さまは、是非弊社にご相談ください。Mac版のIllustratorのデータをWindows版で多言語翻訳、多言語DTPを手配し、Mac版のIllustratorのデータで納品することも可能です。

電話03-3493-1151/webフォームはこちら

翻訳支援機能

翻訳展開用のテキスト取得からExcelエクスポートまで

プロジェクトの設定

プロジェクト設定ウィンドウ多言語展開の基準言語、展開する言語などを指定して、プロジェクトを設定します。
プロジェクトの設定は保存できるため、設定を使いまわすこともできます。

基準言語ファイルからテキストを取得

Excelにエクスポート翻訳 & 多言語組版の基準となる「 .ai 」「 .eps 」ファイルを選択します。
複数ファイルをまとめて選択して、それぞれのファイルのテキストを取得できます。

  • テキスト + その属性を取得
  • テキストフレーム毎に ID を付けて取得

取得したテキストを Excel にエクスポート

取得したテキストをExcelへ出力エクスポートしたExcelファイルを利用して翻訳展開します。

電話03-3493-1151/webフォームはこちら

前へ  |  次へ

自動多言語組版

翻訳後の Excel を多言語組版

翻訳後の Excel のインポート

翻訳後の Excel をインポートすると、右図のようにテキストを確認できます。
翻訳したExcelをインポート

多言語組版時の組版ルールを設定

多言語組版時のルールをテキスト毎に設定できます。

  • フォント、文字サイズ、字形、行送り
  • 段落の行揃え
  • テキストフレームのサイズ(文字量に応じて自動でフレームを広げることもできます)

複数のテキストに対し、一度に設定を行えます。
また、組版ルールは保存しておけるため、再利用できます。

テキストあふれ時の処理ルールを設定

各言語のテキスト毎に、テキストフレームからテキストがあふれたときの処理ルールを設定できます。

  • 水平比率を調整
  • フォントサイズを調整
  • 行送りを調整

複数のルールを優先順を決めて設定できます。
例)水平比率を1%づつ減少させ、最小70%まで減少させる。それでもあふれる場合には、フォントサイズを1ptづつ減少させる。

多言語の自動組版を実行

複数のファイル、複数の言語を一括で組版できます。

電話03-3493-1151/webフォームはこちら

前へ | 次へ

校正負担軽減機能

指定言語の指定箇所だけを再組版

多言語の自動組版した後でも、選択した箇所だけを入れ替えることができます。

指定箇所だけ組版イメージ

レイアウトの変更にも対応

日本語のレイアウトを変更

再組版イメージ

日本語のレイアウトに合わせて中国語を再組版
再組版イメージ

電話03-3493-1151/webフォームはこちら

前へ | 次へ

TO TOP