このウェブサイトはInternet Explorerバージョン8以上でご覧ください。

英語 日本語

セミナー情報

HOMEの中のセミナー・イベント情報の中の「ここだけ」の実践DITA CMSセミナー

セミナー概要

ディレクター、コンテンツコーディネーター必見!
「ここだけ」の実践DITA CMSセミナー
~DITAで参考になるXMLの運用事例を学ぶ~

1DITA の仕様をある程度理解したが、システムを利用した運用のヒントを知りたいと感じている皆さんのために「コンテンツ管理の考え方からその実際」までをやさしくご紹介します。

また、10年を超える XMLシステムの運用経験者をお招きし、ノウハウを聞くことで DITA の導入に役立てます。日本国内のイベントでは紹介されなかった XML の事例を皆様にお届けいたします。

開催日時 2012年 2月 24日(金) 12:45 ~ 16:30(受付開始 12:30) 満員御礼
開催場所 アリアル五反田駅前会議室
東京都品川区西五反田1ー2ー9 アリアル五反田駅前ビル
交通 ・JR線、東急池上線 「五反田駅」徒歩1分
・浅草線 「五反田駅」A1出口 徒歩 30秒
開催場所地図
募集人数 定員 60名(事前予約制)
申込み締切 2012年 2月 17日(金)
参加費 4,000 円
タイムテーブル
時 間 プログラム 講 師
12:45~13:20 コンテンツ管理の基本

CMS の特長であるバージョン管理などの基本機能をユーザー視点で解説し、コンテンツ管理の考え方を説明する。

株式会社ナビックス
テクニカルディレクター

矢内 英彦
13:20~13:50 CMS を利用してできること

CMS が提供するワークフロー、バージョン管理、進捗管理の機能を具体的に示し、ユーザーニーズとのズレについて説明する。

株式会社リナレッジ
代表取締役

樋川 恭平
13:50~14:10 休 憩
14:10~16:00 カワサキ製品におけるマニュアル制作
(質疑応答を含む)

川崎重工業株式会社 モーターサイクル&エンジンカンパニーの各種製品マニュアルの制作を請け負っている株式会社 ケイテック様より、XML ベースのマニュアル制作の事例を発表する。

  1. タグ言語移行の背景について
    DCF/DCP タグ(IBM組版ソフト)から SGML、そして XML へ移行した経緯をソフト/ハード面より説明する。
  2. XML ベースのマニュアル制作
    大まかな業務フローに沿って、DTP の視点でマニュアル制作について説明する。
  3. 今後の取り組み
    現在の取り組みとこれからの課題について説明する。
株式会社ケイテック

ソリューション部
業務管理課 課長

東原 俊輔 様

ソリューション部
業務管理課

田中 幸子 様

システム部
システム開発第二課
主査研究員

上田 正巳 様
16:00~16:30 交流会

講師および参加者との名刺交換や個人的な質疑応答。

【共 催】
アンテナハウス株式会社 アンテナハウス株式会社
株式会社エクスイズム 株式会社エクスイズム
株式会社リナレッジ 株式会社リナレッジ

TO TOP